佐藤塾のブログです
気ままに不定期更新していきます
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
お釈迦祭り

4月29日 お釈迦祭り、素晴らしい天気の中お釈迦祭に行ってきました。

 

踊り連による行列が続きます。

 

シャンシャン馬に乗って5組の結婚式が行われました。

 

花でデザインされた「びろう島」

 

宝満寺の境内では「甘茶」を年齢の数だけかけて無病息災を祈ります。

 

お昼に焼きそば、たこ焼き、カレーを食べました。

「満足・満足」

 

素敵な1日でした。

 

 

15:16 志布志 comments(0)
お釈迦祭り

4月の授業も本日で終了。

「月日の経つのは早いなぁ。」と思うのは私だけでしょうか?

この前2017年が始まったと思ったばかりなのに。

一年の1/3が終わったということですよね。

さて、本日4月28日〜明日4月29日、志布志は「お釈迦祭り」が開催されます。

鹿児島県で3大祭りの一つに数えられています。

明日29日は、午前中から市中をおみこしや踊り連のパレードが繰り広げられます。

市街のいたるところに舞台が設置され、踊りや余興が夕方まで行われます。

志布志ではこの時期、茹でたフカ(サメの子供)を水でさらして酢味噌で食べる習慣があります。

「せんさら・・・千皿? 洗皿?」といいます。

皆さん、志布志へ遊びに来てください。「せんさら」を食べにおいでください。

17:06 志布志 comments(0)
志布志正月踊り

2月12日「志布志正月踊り」が安楽(あんらく)地区山宮神社境内で行われました。

その年の豊作を祈願する祈年祭です。

 

 

志布志には春の訪れを祝う祭がいくつかあります。

 

2月5日には「田之浦山宮神社ダゴ祭り」も行われました。

ダゴ(お団子)を食べると一年を無病息災に過ごせるといわれています。

 

 

 

 

 

 

18:02 志布志 comments(0)
お釈迦祭 その2
4月29は、鹿児島県3大祭りの「志布志お釈迦祭り」が行われました。

絶好の祭日よりの中、10万人の観光客が訪れました。

シャンシャン馬や、踊り連のパレードが延々と続きました。

宝満寺の境内でではダンスや歌謡ショーも行われました。


宝満寺の参拝客


観音様の像に年の数だけ甘茶をかけます。
そうすると健康になるのです。


沿道にはたくさんの出店が並んでいました。


多くの踊り連が旧道の中を踊り歩きます。


旧道の途中の金剛寺では野点が行われました。
お茶を点てている学生は佐藤塾の卒業生です。

私も一服いただきました。
心地よい一日でした。

17:03 志布志 comments(0)
お釈迦祭

志布志お釈迦まつり開催!!

H28ポスター.jpg

 

開催日時:平成28年4月28日(木・前夜祭)・29日(昭和の日・本祭)

開催場所:宝満寺公園、志布志市街地周辺

 

【お釈迦まつりについて】

 お釈迦まつりは、江戸時代から行われている釈迦降誕を祝うお祭りです。旧暦の4月8日に行われていたことから「しがつようか」がなまり、「しがっじょか」とも言われます。花嫁を乗せたシャンシャン馬や踊り連パレードなど多くの市民や観光客で賑わう県内屈指の祭りです。
                          (志布志ポータルサイトより)

皆さん 是非遊びに来て下さい。


 

15:18 志布志 comments(0)
424(しぶし)の日
今日4月24日は、424(しぶし)志布志の日です。


志布志は大相撲の千代丸関、千代鳳関をはじめ、水泳で世界新記録をだした山口選手を生み育てた町です。

また、最近ではラーメン選手権でマルチョンラーメンが優勝しました。黒豚三昧丼もグルメグランプリで優勝しました。


他にも資源ゴミリサイクル率は全国市レベルでは日本一、今月29日に行われるお釈迦祭り、7月の花火大会、山宮端劼梁臚錙ΑΑΑ

各分野、様々なすばらしいものがあります。

創年大学を始め多くの生涯学習講座では、多くの人が町全体を学舎にしながら学んでいます。


そんなすてきな町です。皆さん志布志に来てみませんか。


 
12:05 志布志 comments(0)
種田山頭火

種田山頭火(たねださんとうか、本名は正一、明治15年12月3日 山口県防府市生まれ)

漂白の俳人・ 種田山頭火は昭和5年の秋に志布志を訪れています。
10月10日福島(現在の宮崎県串間市)から徒歩で志布志に入り、12日に志布志駅から都城に向かいました。

この間、46の句を詠みましたが、この度の日誌「行乞記(ぎょうこっき)・あの山越えて」には当時の志布志をいきいきと詠んでいます。

その中のいくつかの句を紹介します。(これらの句は志布志市の地のいずれかの碑に記されています。)

・一きれの雲もない
    空のさびしさまさる ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・志布志駅前

・こゝまできて この木にもたれる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ダグリ源泉前パーキング

・秋の白壁を
  高う高う塗り上げる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・旧山中氏邸

この後、山頭火は59歳でこの世を去りました。

志布志 よいとこ!!





   
10:00 志布志 comments(0)
天智天皇伝説
 志布志の内山幸夫宮司が志布志の田之浦に伝わる天智天皇伝説を紹介しました。
 
 
志布志の天智天皇伝説は、天智天皇が、頴娃・開聞の玉依姫(たまよりひめ)を訪ねた後、都に戻る途中に志布志に寄ったときのものです。
 
志布志では女主人と下女がそれぞれ織物を献上したところ「身分の上下にかかわらず同じ志の布をありがとう」と感激し志布志の地名を賜ったそうです。
 
また、開聞岳を眺め玉依姫をしのぼうと登られた山が、後に御在所だけと呼ばれ、708年〜802年に山宮大明神として天智天皇をまつった、という内容でした。
                                                                            (南日本新聞2014年6月16日参照)
 
 
天智天皇伝説とは、志布志の歴史もかなり深いものがありますね。
ちなみに佐藤塾の住所は 志布志市志布志町志布志2-14-14 かなり深いかな・・・。
 
台風11号が近づいています。
皆さん 十分気をつけて下さい。


10:00 志布志 comments(0)
鹿児島県防災訓練 その2

このほど志布志市で「鹿児島県総合防災訓練及び地震・津波を想定した避難訓練」が行われました。
救命訓練救急救命訓練の様子
 
県、市、消防、警察、自衛隊、海上保安庁、DMAT(災害急性期に活動できる機動性を持ったトレーニングを受けた医療チームのことらしいです)、病院等の約80の機関及び市民4200人が参加し、防災機関の連携強化など「災害対処能力の向上及び地域住民の防災意識を高める」為に開催されました。

救援物資を運ぶトラック物資を運ぶ大型車

 
志布志市文化会館では、炊き出し訓練やライフラインの復旧訓練など、また志布志港旅客船埠頭(観光船バース)では合同救出救護訓練などが行われました。

200人分のカレーが作れます200人分のカレーが作れます

          
巨大なお風呂大型のお風呂

上空には小型ジェット機1機、ヘリコプター3機が飛び交い、また陸上自衛隊の車両(炊き出しの為の車両、お風呂の車両、橋になる車両等)が多数参加していました。


飛び交うヘリコプター

また、沿岸部では、「南海トラフ沿いを震源とするマグニチュード9.0の巨大地震が発生し、鹿児島県東部(志布志市を含む)に大津波警報が発表された」との想定で地震・津波避難訓練も実施されました。

大型車輌も通れる巨大な橋になります大型車も通れる橋になります


津波の被害は鹿児島県では志布志地区が一番大きいとされていて、死者の数も600名を超えるだろうと想定されています。
 
気のせいでしょうか、地震の報道が以前にも増して多いような気がします。

いずれにせよ日頃からの備えが大切ですね。


 

10:00 志布志 comments(0)
志布志のお釈迦祭り
お釈迦祭りの写真です

千代丸関(兄)人力車が重そう

千代鳳関(弟) 新小結です

よさこい踊り連 皆さんとても元気でした


しゃんしゃん馬 五組のカップルがこの日仏式で結婚式を挙げました

志布志のゆるキャラ 志武士(しぶし)ししまるくんです。
お供は黒豚のトン助くんです
16:08 志布志 comments(0)
1/2PAGES >>