佐藤塾のブログです
気ままに不定期更新していきます
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
志布志中学校 体育祭

9月19日(火) 志布志中学校の体育祭が行われました。

 

 

当初は9月17日(日)の予定でしたが、台風18号の接近によりやむなく変更ということになりました。

当日は絶好の運動会日和。

秋風さわやかなグランドで、生徒たちが元気いっぱい動き回っていました。

 

最後まで精一杯走る姿は見ていて気持ちがいいですね。

 

3年生のクラス別綱引き。

先生方の応援が生徒たちにパワーを送ります。

 

 

 

 

なかなか足がそろわない。そろわない者同士がお互いに激励!!

 

記録より記憶に残せ!!

 

生徒の皆さん、” 記憶に残る”素晴らしい 体育祭でしたね。

お疲れさまでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15:24 中学校 comments(0)
中2の6割「勉強嫌い」南日本新聞より その2

最近の生徒を見ていて、小学校の学習、特に分数の計算やローマ字などの学習を十分習得せずに中学校に入学している生徒が多くなっているのではないかと思っています。

 

分数の計算が十分にできないために、中学校の数学の学習で正負の計算・文字式でつまづき、方程式を学ぶ頃には数学を嫌いになってしまいます。

英語はアルファベットをきちんと書くことができず、夏休みが終わるころには単語を覚えきれない。

その結果、中学1年生のうちから英語を苦手としてしまう構図が出来上がってしまっているのではないかと思います。

 

さらに輪をかけるのが部活です。

土・日も長時間の部活動があるために、生徒は疲れ切って宿題もできない状態にあります。

当然勉強が後回しになって、先に出た「ギャップ」や「問題」が起きる一因にもなっているのではないでしょうか。

 

要は勉強と部活のバランスです。

「覚えることはきちんと覚え、やるべきことはちゃんとやる」

これが大切ですよね。

 

ただ、これをやるのが一番難しいのですが・・・・。

17:03 中学校 comments(0)
中2の6割「勉強嫌い」 南日本新聞より その1

6月8日南日本新聞に

中2の6割「勉強嫌い」という記事が掲載されました。

 

これはベネッセ教育総合研究所と東大社会科学研究所が発表したものです。

 

記事によると、小学1年〜高校3年の児童生徒に勉強の好き嫌いを尋ねたもので、「嫌い」の割合が中学1・2年で増加し、中学2年では57.3%に上ったとのことです。

 

両研究では、中学生活に適応できない「中1ギャップ」が知られていますが、学習離れが起きやすい「中2問題」もあるとみているようです。

 

 

 

16:47 中学校 comments(0)
当たり前

宮崎県の日向市東郷小・中学校と宮崎市の宮崎中学校を参観してきました。

 

東郷小・中学校は宮崎県の山間にある学校でした。

小学6年生に地域の方が茶道を指導されていました。

 

宮崎中学校は宮崎市にある学校です。

 

小学校の時から「立腰(りつよう)」を合言葉に、全員が姿勢よく授業を受けていました。

基本がしっかりできていると、中学生になっても当たり前の授業がなされ、子供たちも落ち着いて生活を送っていたのが印象的でした。

 

 

「当たり前」・・・・

大切なことです。

 

15:10 中学校 comments(0)
志布志中学校 体育祭

9月18日(日)

志布志中学校の体育祭が開催されました。

 

前日から当日朝まで、激しい雨の降るコンデションのなかでの開会式でした。

 

 

 

 

しかし、生徒の皆さんの熱き思いが通じたのか、時間が経つごとに天気は回復しました。

 

生徒のみなさんは一生懸命走っていました。

 

走るって素晴らしいことですね。

 

16:06 中学校 comments(0)
1/1PAGES