佐藤塾のブログです
気ままに不定期更新していきます
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
若い目 

10月14日 南日本新聞の若い目の欄に、佐藤塾の塾生で伊崎田中学校3年、堀口亜美さんの投稿が掲載されました。

紹介したいと思います。

 

       「ウォーキングの日」

 

 私が「〇〇の日」をつくるとしたら、「ウォーキングの日」をつくりたいと思います。

 

 理由は二つあります。一つ目は、家族との交流を増やすためです。最近、母と妹と一緒にウォーキングをしています。家にいると自分の空間があり話さないことも多いのですが、ウォーキングをしている時間にはよく話をします。運動をしながらいろんな話ができて、とても楽しいです。

 

 二つ目は、体力向上です。日本人は今、運動不足だと聞いたことがあります。歩くことも立派な運動で、スマホを見ているよりずっと健康的です。それに、歩くコースの景色を楽しむことができ、季節を肌で感じられます。

 

 ウオーキングの日をつくれば、日本中の人が元気に健康的な生活を送りながら、家族といっぱい話をして、心身ともに健康的な生活ができると思います。また、大会などの行事ができれば、そこで会話が生まれ、人のつながりが広がり、日本中が健康的で仲の良い関係に包まれると思います。

 

 

とても素敵な提案だと思いました。

15:33 雑談 comments(0)
台風24号

台風の話は何回か話題にしています。

これは、私が小学生の時と今から20年位前に体験した二つの大きな台風の為です。

 

当時どちらも最大瞬間風速70メートルを近い台風でした。

 

小学校の時は、当時種子島に住んでいたのですが、木造の二階建ての高校が倒壊しました。

気象庁の種子島レーダーも折れました。

当時住んでいた木造の自宅も、一瞬でしたが浮き上がったのを覚えています。

 

20年位前の台風は、水源地のポンプのモーターが壊れ断水。

自衛隊の給水車に並びました。

志布志から鹿屋、串間、国分への幹線道路が壊れ、物資が届かないという大変な状態に陥りました。

 

今回の台風24号、今現在はっきりした進路は不明ですが、915hPa、最大瞬快風速75メートル。

この台風が襲ってきたらとんでもない被害が予想されます。

 

どこか太平洋の方へ行って欲しいものです。

あと数日すると進路もはっきりすると思います。

皆さん!! 接近するときはその前に最大の備えを怠りなく。

 

 

 

 

14:15 雑談 comments(0)
9月後半

9月の後半に入りました。

体育祭も終わり、いよいよ落ち着いて学習に取り組む時期となってきました。

 

今月末は統一模試(場所:尚志館高校)、10月は実力テスト・中間テスト、そして11月は期末テスト・3者面談斗と目まぐるしく時が過ぎていきます。

 

目標を持ち、計画を立てて、実行して、結果を出してほしいと思います。

 

 

ふと、以前お聞きした志布志市教育長 和田幸一郎先生のお話しを思い出しました。

 

題は「一生勉強 一生青春」

 

「日本一のビルには 日本一の基礎がある」

人が育つには教育という基礎が必要である。

 

基礎をしっかり身につけておけば、さまざまな事変が到来しても対処できる。

ということをお話でした。

 

また

元円福寺住職 藤本幸邦氏の 「 脚下照顧 」のお話をされました。

 

   「はきものをそろえる」

 

 はきものをそろえると 心もそろう

 心がそろうと はきものもそろう

 ぬぐときにそろえておくと

 はくときに心がみだれない

 だれかがみだしておいたら

 だまってそろえておいてあげよう

 そうすればきっと 世界中の

 人の心もそろうでしょう

 

 

志布志市は、すべての学校で”物をそろえ、心をそろえ、当たり前のことができる子供を育てていきましょう”をいう運動を進めています。 

 

 

 

 

14:52 雑談 comments(0)
FM志布志

8月25日土曜日 尚志館高校の井手元隆一校長と志布志高校の二石政彦校長がFM志布志の「志布志の風」に出演されました。

 

この番組は2か月に1回、約15分ほどの番組です。

大隅半島のそれぞれの高校の話題を各校長先生方をお呼びしてのライブのトーク番組です。

 

志布志高校は2回目の登場。

佐藤塾の生徒が書いた質問に二石校長先生自ら答えてくださいました。

 

生徒たちはラジオネームで質問しているので誰が質問したかわかりませんが、確実に仲間の誰かが質問しているせいかニヤニヤしながらお互いの顔を見合っていました。

(なんとこのFM志布志のスタジオは、佐藤塾がある島津ビルの1階にあります。)

 

FM志布志は携帯でも聞くことができます。

18:32 雑談 comments(0)
チョット いい話

チョット いい話がありました。

 

 

その1

人を傷つける言葉をはくと、自分が一番傷つく。

 

 

その2

世間の目を気にしても、世間は責任はとってくれない。

自分らしい生き方をしよう。

 

 

短い文章ですが、おもわず納得!!

16:00 雑談 comments(0)
台風19号

台風19号と20号が同時に日本列島を襲っています。

特に19号は奄美・種子島屋久島地方を直撃。

非常に大きな勢力に成長しました。

 

私は小学生のころ、とても大きな台風に遭遇しました。

最大瞬間風速70メートル。

すべてのライフラインが断たれ、学校もお休みになりました。

農作物にも大きな被害が出たことを覚えています。

 

今回の台風、大きな被害が出ないことを願っています。

 

 

なお、佐藤塾は今後台風などにより授業を中止する場合、このブログに掲示しますのでご確認の程お願いいたします。

 

15:58 雑談 comments(0)
ゲーム障害

6月19日の南日本新聞にWHO「ゲーム障害」新疾病に。

7月2日の南日本新聞に「ネット・ゲーム依存鹿児島県内調査、高校女子23%に疑い、小学4〜6年男子も2割」という見出しが大きく出ていました。

 

佐藤塾でも保護者面談や入塾希望者の面談を実施していますが、そのほとんどがゲームをやっているようです。

その他ライン・ユーチューブなどを含めると、ほぼ100%の生徒が普段の生活の中に取り入れています。

 

使用する時間や時間帯が節度あるものならそれほど問題にはならないのですが、度が過ぎてやりすぎてしまうと学習時間や睡眠時間が少なくなるという弊害が起こってきます。

 

保護者の方が言っても、子供がなかなか聞いてくれないなどのお話も多くありました。

親子で十分話し合いがなされることが大切だと思います。

 

 

17:44 雑談 comments(0)
医学部卒業まで学費負担なし

「学費負担なしで医学部を卒業する方法」という情報を提供していただきました。

もともとはサンデー毎日の記事の抜粋ですが、共研書房さんより送付されたものです。

 

私も『「教育費をどうしようかな」と思ったときにまず読む本』竹下さくら著 日本経済新聞社出版 を読んでいる最中だったので、これはいい、ということで少し紹介してみたいと思います。

 

 

医学部は難易度もさることながら学費もかなりかかります。

総額4,700万円以上もかかる大学もあります。

 

しかし高い学費を理由あきらめるのはもったいないという話です。

修学中の全額費を免除され、生活費まで支給されるケースもあるようです。

 

例えば鹿児島大学医学部の場合、卒業後指定された附属病院や医療機関への9年間の勤務が義務付けられますが、その勤務期間を過ぎれば貸与額が免除されます。つまり返さなくてもいいのです。

 

貸与金額+奨学金で総額9,400万円になります。

 

まだまだ他の大学でもありますので、調べてみることも大事ですよね。

 

 

18:28 雑談 comments(0)
体験入学。

7月の佐藤塾ニュースにも掲載しましたが、

夏休みには多くの高校で体験入学が実施されます。

(早いところでは1学期から実施)

 

まだ志望校が決まっていない生徒、迷っている生徒は、

興味のある高校の体験入学にぜひ参加してみてください。

 

パンフレットだけでは味わえない各高校の特徴を、

肌で感じることができると思います。

 

各高校とも申し込み締め切り日が決められています。

早めの行動が大切ですよ!!

 

  黒木

13:30 雑談 comments(0)
植松 努氏 講演

先日 鹿屋市で 株式会社植松電機 代表取締役 植松 努氏の講演会がありました。

植松 努氏は1966年北海道の芦別市で生まれの51才。

 

 

子供のころから紙飛行機が好きで、宇宙にあこがれ大学で流体力学を学びました。

 

人の可能性を奪う言葉「どーせ無理」をなくし、「だったらこうしてみたら」と教えよう。

夢をあきらめないことの大切さなどを伝える活動をしています。

 

もっともっと多くの中学生や高校生に聞いてほしいなとおもいまいした。

 

ユーチューブ等でも紹介されています。

時間のある方はぜひ見てください。

15:16 雑談 comments(0)
1/66PAGES >>