現在様々な出版物やインターネット上では学習法について様々な意見が提案されています。

気になる記事を見つけてので参考にしてください。

 

 

子供たちは自宅でどのように勉強すればよいのでしょうか

「さくら個別指導学院」塾長・國立拓治氏は著書『小学生のうちに身につけたい! 』より抜粋

 

 

取り組んではいけない    4.ながら勉強

 

 この「ながら勉強」こそ最もやっている子が多く、なかでも「音楽を聞きながら勉強」はそのうちかなりの数をしめるのではないでしょうか。

 「音楽聞きながらやると集中できる」なんてことをいう子もいますが、本人がうまくいっていると思い込んでいるだけでしょう。

 音楽に意識を引っ張られ、音楽を楽しんでしまい、勉強への集中度を下げ、時間ばかりが過ぎる濃度の薄い勉強を繰り広げていると断言できます。

 入試前日に、音楽を聞きながら勉強するでしょうか? 

 恐らくしませんよね。これが答えだと私は思います。

つい「クセ」や「惰性」でしている勉強法もNG

 また、テストの最中にも音楽は聞けません。

「ここ一番!」の勝負のときに、再現できない環境での勉強には何の意味がないどころか、もはや害悪でしかありません。

ちなみに、テレビを見ながらとか、スマホを触りながらとか、視覚を奪われる「ながら勉強」は論外です。

 

 

取り組んではいけない   5.書きまくる勉強

 

 書いて覚えるというのは、漢字や英単語などを覚える際の基本ですので、これ自体は否定しませんが、「bus」のような5回も書けば(なんなら、見るだけでも)、覚えることができる英単語を30回も書いていたら、ただの時間と労力のムダです。少ない回数で覚えてしまうことを目指してください!

 

 以上、ダメな勉強法についてお伝えしてきました。成績が上がらない危険な勉強法をここで確認して、くれぐれもお子さんが取り組まぬように気をつけてあげていただければと思います。

 

 

学習法にはいろんな考え方、実践方法があります。

あくまでも参考にしていただければとおもいます。

佐藤塾では期末テストへの対策として、

勉強会を実施します。

 

佐藤塾 期末テスト勉強会

・実施日 6/13(土)・14(日)

 対象校:志布志・大崎・宇都・松山

     6/20(土)・21(日)

 対象校:有明・伊田

 

塾外生も参加できます。

詳細はホームページをご覧ください。

 

お問い合わせは

佐藤塾 472-2341 までご連絡ください。

 

黒木

 

現在様々な出版物やインターネット上では学習法について様々な意見が提案されています。

気になる記事を見つけてので参考にしてください。

 

 

子供たちは自宅でどのように勉強すればよいのでしょうか

「さくら個別指導学院」塾長・國立拓治氏は著書『小学生のうちに身につけたい! 』より抜粋

 

 

取り組んではいけない 2.調べて埋める勉強

 教科書を横に置き、問題集の1問1問を調べてすべて埋めていくという方法をとっている生徒がいます。この作業の最中には、脳がほぼ動いていません。ただの「教科書答え探しゲーム」「穴埋め語句探しゲーム」になってしまっています。

 この勉強(風)をした子に、すぐにその問題集を再度やらせてみても、全然できません。わからない問題を調べるのと、すべての問題を調べて埋めるのは、まったく別の作業です。 

 この勉強をするお子さんを見たならば、手をつかんで止め、「覚えるなら覚える。解くなら解く。混ぜない!」と伝えてあげてください。「覚える勉強」と「解く勉強」は混ぜてはいけません。危険です。

 

 

取り組んではいけない  3.ながめ勉強

 ここで言う「ながめ勉強」というのは、教科書を読み続けるだけの勉強法です。勉強時にペンを握らずに「見る」だけで、テスト本番を迎えてしまうのです。

 この勉強法では、覚えるべき内容が頭の中に入ったのかどうか、本人も含めて誰にも判断ができません。ながめて覚えるだけですべてが解決するならば、世の中に問題集もノートも存在しないでしょう。解決しないから存在するのです。理解の浅いところは実際に書いて問題を解いてみないと、炙り出てきません。

 「見て覚える勉強」と「問題を解く勉強」は必ずセットにしてください。

 

 

学習法にはいろんな考え方、実践方法があります。

あくまでも参考にしていただければとおもいます。

 

 

 

6月の第3週から第4週にかけて、

各中学校で期末テストが行われます。

 

それに向け、

佐藤塾では期末テスト対策勉強会を実施します。

 

テスト前の土・日を利用して、

各教科の復習を行います。

 

日程や時間帯などの詳細は、

後日お知らせ致します。

 

 黒木

現在様々な出版物やインターネット上では学習法について様々な意見が提案されています。

気になる記事を見つけてので参考にしてください。

 

 

子供たちは自宅でどのように勉強すればよいのでしょうか

「さくら個別指導学院」塾長・國立拓治氏は著書『小学生のうちに身につけたい! 』より抜粋

 

中学生になる前に卒業したい勉強法

 どんなに時間をかけて勉強しても、やり方を間違えれば「ムダ」になる。

 私は、今日まで、塾で20年以上もの間、さまざまな生徒(中学生)たちの勉強を見てきました。その中にはサボっているわけでもなく、かなりの時間を勉強しているのに、成績が悪い子がいました。

 そんな子たちに共通するのが、以下の5つの「取り組んではいけない危険な勉強法」をやっていたことでした。

1.教科書まとめ勉強

2.調べて埋める勉強

3.ながめ勉強

4.ながら勉強

5.書きまくる勉強

 

 

取り組んではいけない 1.教科書まとめ勉強

 

 危険な勉強法の筆頭は「教科書まとめ勉強」です。

この勉強法の危険なところは、しっかりと成果が出る生徒もいるところです。

そのためか、この勉強法をオススメする学校の先生が一定数いらっしゃるのも、また事実ですが、実は95%強の子どもたちは、この勉強法で成果を出せません。

一見誰もができそうにみえて、実はとても高度な勉強法だからです。

 

 教科書まとめ勉強で行われている作業は、ゞ飢塀颪鯑匹鵑罵解し、脳内で要点を整理して、ノートに要点を再配置する、というものです。

 

 こんな高度な勉強、ちゃんとやれるのは学年で常時上位5%に入れる生徒ぐらいでしょう。

つまり、95%強の生徒は、要点がどこかわからず、要点整理も要点の再配置もできず、ただの教科書丸写しをすることになります。

 

 さらにいけないのは、この勉強では”がんばった風なきれいなノート”ができ上がってしまうところです。多くの子はこれで、さらに勘違いします。

 

 「ノートにまとめることを通して、頭の中に勉強内容を入れることが目的」なのに、いつのまにか、「きれいなノートを完成させることが目的」にすりかわってしまうからです。

 

 また、この勉強法はとにかく時間がかかります。さほど勉強時間を確保していない子がまとめ勉強に取り組むと、ただでさえ少ない勉強時間のため、問題演習にほとんど時間が割けず、テスト結果がかなり悲惨なものになります。誰が何といおうと、この勉強はやめておきましょう。

「見て覚える勉強」と「問題を解く勉強」は必ずセット

 

 

学習法にはいろんな考え方、実践方法があります。

あくまでも参考にしていただければとおもいます。

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

いらっしゃい♪

アクセスカウンター
カラコンダイエット サプリ高収入レモンナビ出会い系お取り寄せ和菓子

あと何日?

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment


  • 本下

  • KTT
  • コメントのお返事
    佐藤塾
  • コメントのお返事
    中学生
  • カラータイツ。
    中学生
  • パスポート取得の旅 パート3
    Mr H
  • ゲットしました!!
    kayoko
  • ゲットしました!!
    hp
  • びっくり卵-kind of my trauma-
    kayoko

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM